顎関節症

このような症状でお悩みの方

≪顎関節≫

現在4つに分類されています。1.最も多いのは関節内にある関節円板というクッションが前方にずれることで起きる「カックンカックン」という音が出て外れそうな状態。

2.あるいはズレがもっと大きくなることで大きく口が開けられなくなる状態です。特に口が大きく開かなくなると、口を開けたり食品を噛もうとするときに痛みが出ます。

3.これ以外では顎関節そのものには痛みがないのですが、下顎を動かす筋肉がうまく働かなくなり、口を開けようとすると頬やこめかみの筋肉が痛むという状態、あるいは関節円板のズレはないのですが、口を開けようとすると顎関節が痛む捻挫に似た状態があります。

4.若い方には少ないですが関節を作っている骨が変形するタイプの顎関節症があります。このタイプは長年顎関節症が続いていたり、年齢の高い方に多くみられます。

当院の考え方

顎の関節のズレの矯正
関節円板の矯正
口を開ける筋肉、噛む筋肉の調整
頸椎の矯正
全体の姿勢のバランス
肩こり

日常の生活の改善(噛み癖。就寝時のうつ伏 せ、横向きなど)

顎は人間の体の関節の中でも一番多く動く所です。(呼吸、喋る、食品を噛むなど)

また、姿勢保持の作用にも関与しており、顎関節を改善すると姿勢が良くなっていきます。

当院も特に力を入れて施術しております。

≪~ 施術の結果 ~≫

姿勢が良くなる

顎関節の前方変位がなくなる

顎関節の可動域が良くなる

顎関節周りの筋肉の血行不良が改善

肩や顎周囲の筋肉の凝りが改善

食いしばりや朝起きた時の顎関節のしんどさが軽減される

顎関節の症状を感じる頻度や症状の程度が軽減される

関節状を感じなくなるという流れで
関節状を改善に導いています。

「お喜びの声」をいただきました!