皆さん、ご飯を食べる時にお茶やお水を先にがぶがぶ飲んでいませんか?

胃痛・胃がんの原因とされがちなのが、ピロリ菌や胃酸です。胃酸はとても強い酸性ですが、ピロリ菌はアルカリ性のアンモニアを作る酵素持っていて自分の周りは中和に近い環境にして生きることができるそうです。

実は胃酸は通常の食事をしていない時でも常に分泌されています。常に胃酸がないと、口から入ってくる菌やウィルスは死なずに、私たちの体は菌やウィルスに負けてしまいます。常に胃酸があるからこそ私たちの体は守られていますし、食べ物を分解することができます。食事や水分を取った後は胃酸が薄まります。すると胃酸は元の強力な酸の濃度に戻そうと胃酸を分泌します。

でも、人間は糖たんぱく(ブドウ糖とタンパク質)で出来ている粘液をしっかり出すことで自分の粘膜を守ってくれます。ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しています。粘膜は3日1回作り変えられています。きちんと粘膜を作り替えられている人は、その時にピロリ菌も一緒に排出してくれます。

そして作り替えるには、ブドウ糖とタンパク質・ビタミン・ミネラルAとCが欠かせません。実はピロリ菌は通常、食事をしていない時の胃酸の状態(強い酸性)の時だと死んでしまいますが、食後の胃酸が薄まっている状態の時に侵入してきます。だから、胃酸を止めたり、薄めたりしている、その間にピロリ菌は入り込み繁殖し放題です。食後、胃が痛いからと言って胃酸を止めるようなことをしていませんか?日本人で胃酸が多い人はあまりいませんよ~。お肉をたくさん食べる欧米ではたくさん胃酸が分泌されます。

食の欧米化?・・・の割には、日本は胃がん大国ともいわれています。よ~く考えてみましょう!